カレンダー

« « 2016 10月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

Company

概要

会社名

(株)星アソシエーツ

住所

〒811-1312
福岡県福岡市南区
横手南町5-44-201

TEL

092-558-0363

FAX

092-558-0360

Mail

ホームページからのお問い合わせはこちら

 ブログ 

天神塾第12期第5回 「電気通信サービスのこれから」 九州通信ネットワーク(株)毛利定夫専務取締役

2016-10-26 16:27

2016-10-19塾生感想

★今、まさに私のお店でもオンラインショップを立ち上げました。待つだけの商売から、発信する商売への変化の時期に電気通信サービスの話は貴重でした。ただ、言葉(専門用語)が難しかったです。

☆通信がより生活に密着したものになる、コンテンツ・アプリケーションが大切だと分かりました。医療分野でのネットワークの影響については、
 ・遠隔医療の推進 ・電子カルテデータのクラウド化  ・情報集約とAIによる自動診断の進化  ・遠隔手術  などが大きく進歩すると思われる。
 医療ITを進める上で、ネットワークの進歩にも注目して行きたい。
 ネットワークの歴史、将来展望も含めて大変勉強になりました。

★古い携帯・PHS・ポケベル・ダイヤルアップの言葉が懐かしかったです。
 クラウド・IOT 等など通信インフラの進化はこの先どんな変化をもたらすか、
 と思いました。熊本地震の時の活躍に感謝!
 人間の心x想いxネットワークの未来という事にとても興味があります。

☆VRなどハード機器は常に進化をしている、その中で通信に大容量の情報を載せる事が出来れば、仮想的な世界で遠くのそして多くの人と繋がることが出来ると思いました。

★ネットワークの拡がりは、どの分野まででしょうか。衣食住全てのカテゴリーが関連してくるのでしょうか。

☆4Gとか5Gが良く分かりませんでした。感覚で電気通信サービスを使えるようになると 楽しいかもな-とも思いました。

★通信業界の歴史は、時代を先取りする業界だと改めて痛感しました。又、今後の業界の事も聞けて為になりました。通信の業界・仕組みなど、余りにも当たり前過ぎて全く理解出来ていない。頼り切っている部分があり、見えない恐怖を感じました。

☆通信自由化されて30年間の流れを知ることが出来、又、今後に影響を与えるトレンドを学ぶことが出来ました。

★知恵と根性と情熱が大事と教えて貰いました。

☆単なるインフラ屋・土管屋では駄目で、高レイヤーのサービスを提供する必要があると言う事でした。地域密着でのサービスということでしたが、通信やITの分野では、サービスの大きさがかなり影響を与えそうな気がします。

★個人的にこの世界は全く理解できないでいます。ひたすら世の中では通信が進歩していて、利用している人たちはどんどんその仕組みに取り込まれているような気がしています。

☆「通信業界に影響を与えるトレンド」の処が具多的でイメージしやすかったです。高品質・高価格→中・低品質(安くする為)というのが興味深かったです。その業界で仕事をしていた時は上司から「5年先を見て仕事をしろ」と
 言われていましたが、多様化してきた今なかなか難しいなと思いました。

★天神塾の講義を今迄受講した中での、通信分野というのは、深く狭い分野であると改めて感じました。しかしながら、通信基盤がなければ社会や生活が成り立たず、益々重要になっていると感じた。

☆通信が空気のような存在であり、その上にIOTやAIといった今後発展していく分野の基礎になっていくものと感じた。

★洋服もオンラインショップが主流になっている為、店舗を持つ意味を考えている。しかし、人間は、矢張り対人間とのやりとりが大切なので、店舗がなくなることはないと思う。商品の魅力だけではお客様は来ない時代なので、販売側が人間力を磨いて、人から物を買う感覚で店舗を経営していこうと考えている。

☆これからは、通信環境がより当たり前になり、想像出来る以上に可能性をまだまだ秘めていると感じた。

★通信サービスが、今後生活や仕事に於いてどんな影響があるのか考える事が必要だと感じた。

☆通信事業者が3社となった今、料金体系が殆ど同じになっているが、これは、果たして適正
 価格なのか。

★通信サービスは、更に拡大していく事業であるが、今後は多様化・細分化されていくのではないだろうか。一番興味があったのは、銀行がクラウドを採用しているという事でした。

☆通信サービス事業の「5年先はわかるが、10年先は分からない」という言葉も、デジタル世代として、とても納得できるものでした。